プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

大阪オートメッセにまたしても行ってしまった時の話

5年連続。

_DSC9840

 気がついたら社会人になって毎年来るようになってしまっている大阪オートメッセ

時期がちょうど年明けて、暇だから何かないかと求めてしまう頃なんだろうな多分。

 

ことしは広角レンズを手に入れたのでいつにもまして写真を撮ってたら500枚上撮ってるではありませんか。

ここで写真と一緒に振り返る。あと、今回動画もとってみたので最後に張り付けてます。

 

_DSC9142

_DSC9151

_DSC9152

毎年おなじみ入り口構えるのはスーパーGT。KeePerトムス37号車あらため1号車に。しかし隣の初音ミクは4番ゼッケンのまま…

 謎。

 

_DSC9153

ギャルオンステージ。

やっぱりすごい人。花より団子という言葉がありますが、ここに限り車より女子なのである。

_DSC9157

_DSC9161

_DSC9159

そんな中注目したいのが”彼ら” 。

IQ50、偏差値30くらいの雰囲気醸し出す彼らは、妖艶な美女たちにまじりギャルオンステージに立つ。感じたのはそれだけ。

 

_DSC9177

彼はなぜステージでマラカスを振ることになったのだろうか。

彼のサングラスともメガネとも言えない装着物は彼なりの上層部への抵抗ではないか。

感じたのはそれだけ。

 

_DSC9190

_DSC9191

思わず触れてしまいそうな材質っぽいFJクルーザー。(でも触ったら怒られそうなので触らず。)

見た目的には発泡ポリスチレンみたいな?

 

_DSC9217

TOYOTAGAZOO Racingブースである。これはスーパースポーツコンセプトと呼ばれる市販車TS050ハイブリッドである。

そういえばメルセデスもF1のエンジン積んだ市販車を発表してたし、タイミング的には後追い感しかありませんがな。

本当にこれがナンバー付けて公道走るなんて考えられないな。トヨタエンブレム付けて。

でもレーシングカーを無理くり市販車にしたというのはかつてあってTS050から遡る3世代前、TS020と呼ばれたトヨタのルマンカーは一応、一応市販モデルも用意されていたとか

1998年はGT1規定でエントリーしたためにEU法規に合致させたロードバージョン(市販車)も1台製作されたが、その外見はレーシングカーそのものであり、とても公道を走るための市販車には見えない姿で話題を呼んだ。もちろん、このモデルが実際に市販されることはなかった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/トヨタ・GT-One_TS020

「TS020」の画像検索結果

↑ネットで拾った。

この場合はレーシングカーを規定に合わせるために市販モデルを作ったので今回とは逆パターンですが。

_DSC9221

 気になるのが何故かタイヤがでかでかとポテンザと書かれている。市販モデルもととなったWECのマシンではミシュランを使っているはずなのに。

GTではブリヂストンと強力なタッグを組んでいるのでそちらに配慮したか。

と妄想。

_DSC9265

そしてその後ろにはTS050ハイブリッドが鎮座。空気を抱くようなフロントデザインが特徴的。今思い出すと実車かどうか確認できてなかった。

_DSC9281

 ヴィッツとヤリスWRC、86とニュル24時間仕様86もあったけど特筆すべきこと無いので割愛。

 

_DSC9312

 ステージではスーパーGTトークショー

実はツイッターで生配信を試みていました。

 

_DSC9344

 毎年これだと驚きもなく。発見もなく。はい。

 

_DSC9371

_DSC9369

 日産GT-Rのテールランプをリーフに無理くりつけた車。やばい。

 

_DSC9392

 今年からGT300に新規参入の岡山トヨペットのRCF。

ちなみにここはスーパーGTの例のゲームが体験できるコーナーがあった。

並ぶの嫌なのでやってない。グランツーリスモでいいや。グランツーリスモでいいや。グランツーリスモでいいや(だからスーパーGTマシン対応はよっ!!!)

_DSC9401

 これはトヨタくま吉(いやスーパーGTだからレクサスくま吉?)と死闘を繰り広げそうなたぬき?のキャラクターがマシンに。

_DSC9760

 一体どこのどういうキャラクターか知らないが気ぐるみもある。

 

_DSC9379

 これはアドバンカラーのミウラ。ちなみにミウラ↓?ミウラ↑?

とにかくかっこいい。エモい。(エモいって便利。)

 

_DSC9410

 うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

_DSC9674

 おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

_DSC9707

 おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

_DSC9708

 おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

 ここやばかったですね。理性を失った男性陣がブースを囲ってました。はい。

IMGP2259

いや、昔から知ってるしというマウント。(唯一知ってる人が会場NO1のセクシーな衣装来てるって知ったときの衝撃わかる?)

もっと見たいって人はツイッターをフォローするといいかもしれないですね()

twitter.com

私?私はちょっと前からフォローしてましたけど何か?(これがマウントをとるです。)

 

IMGP7184

 あーエモいわ~超エモい。

全然お世話になりそうでないが、ヨコハマさんが旧車向けのタイヤをリリースしたとかなんとか。

_DSC9645

このエンブレムの立体感。ああエモい。

_DSC9647

 ドリキン号。そういえばサイン会やってたな。

 

_DSC9651

 素晴らしい腹筋。美しい。ライティングはごめんなさい。

 

_DSC9714

IMGP7197

 パートカラー赤色を使用。う~んよき。

IMGP7195

ちなみにパートカラー青色にするとこんな感じ。 

 

IMGP7178

 赤は日産が似合う。

_DSC9475

 ホンダは4輪2輪のエモーショナルなマシンが。

インディカーの方は乗車体験(小学生以下)できてしかも牛乳瓶持って記念撮影ができるとのこと。おじさんも牛乳瓶で写真撮りたかったよ。

ちなみにマシンはショーカーだった。残念。

_DSC9485

「走り続けることでしか、叶えられないことがある。」ホンダF1もこの言葉をもって負けずに続けてほしい。必ずチャンスは来るはず。(そういえばF1関係の展示はなかった。お察し。)

IMGP7161

 

_DSC9536

 ダイハツブースは

 例の鍵。

 

_DSC9709

_DSC9815

IMGP7130

IMGP7139

IMGP7145

 そろそろ飽きたのでエモい車ばかりを。

 

そして今年からちょっろっと動画もやってみようかななんて思っててまずは一発目です。まあこういう場で撮るのもアレかと思うけど。

ここに埋め込むとどれだけ再生数が伸びるか実験も込めて。

 

custard-pudding.hatenablog.com

↑2017

 

custard-pudding.hatenablog.com

↑2016

 

custard-pudding.hatenablog.com

↑2015

 

custard-pudding.hatenablog.com

↑2014