#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

鈴鹿サーキットでレーシングカーをどう撮るかその9

このシリーズやたら西コース率が高い。

 

f:id:custard_pudding23:20200725150624j:plain

スプーンの1つ目の前にカメラマンが撮影できるようにごっそり金網が除かれているアナがある。その穴を縫うように撮影するとほぼ車体と同じ高さで撮影できるのである。

 しかしコースまで相変わらず遠いのでやっぱり焦点距離が必要。*1

 

35mm換算で200mmのRX100M6の最大ズームでこんな構図になる

 

ただし難点としてこの穴を縫うことができる撮影スポットはみちみちにつめて3人程度*2ということでメジャーなレースではそれなりに争奪戦になる場所である。まあ、スーパーGT/スーパーフォーミュラなら狼のように空いたらすぐ埋まるし、スーパー耐久でも誰かがどいてくれるのを待たないと行けないレベル。

しかしながら壁までの距離が遠いし、明るいレンズで撮れれば後ろがボケていい感じになる。

 

 

custard-pudding.hatenablog.com

 

*1:300mm~は必要

*2:昨今のソーシャルディスタンスを考えると1人しか立てない