読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

日本が負けて"辛い"ですが、"辛い"カレーはいかがですか?

ココイチ、と称されるカレー専門チェーン店、CoCo壱番屋があります。

f:id:custard_pudding23:20150123220237j:plain

美味しいカレーがあるとか言うわけではないが、たまーに行きたくなる。 っというのも、ここのカレーはその他大勢のカレー屋とはとは違い、注文時にトッピング、ご飯の量、そしてカレーの辛さを選ぶことができる(有料だが)。

そのカレーの辛さは以下から選ぶことができる

カレーハウスCoCo壱番屋│ココイチのメニュー - ご注文方法

これを見てしまったら、こんなことを思ってしまった。 「限界を知りたい。俺が耐えられるココイチ辛さの限界とは?」

そう、辛さチャレンジをやりたくなったのです。

チャレンジはまず3辛からスタート、えっ1からじゃないの?と思うところだが辛さ我慢には多少自信がある。

3辛の定義↓

『1辛の約4倍 激辛!そろそろ限界?』

追加料金は63円UP。

一口入れるとピリリと辛い。これは市販のレトルトルーではなかなか巡り会えない辛さ。 苦手な人は良しといた方がいいような辛さだ。 たまたま、水の入ったピッチャーがなかったため一番最初に出された水のみで完食。 あせもにじみ出る。辛い。

そして今日、さらにワンランク上の4辛にチャレンジ。

4辛は 『1辛の約6倍 超辛!極辛!好きな方はやみつき。』 超辛…。値段は84円UP。

日本にとって"辛い"サッカーアジアカップUAE戦を鑑賞しながら"辛い"カレーを食す。 香川にとって"辛い"試合だっただろうか?俺もこのカレーは"辛い"。"辛く"はない、"辛い"。 本当に辛いと喉も辛くなる。これはとっても辛い。でもいいかも…。

さて、次は5辛にチャレンジなのだろうか…