#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

無料進呈年間パスポートでのラストレース2021 ~スーパー耐久 Rd6 岡山国際サーキット~

f:id:custard_pudding23:20211121141952p:plain

書かなければならない。キーボードを叩かなければならない。そういうカルマを背負っているので今回もまた”俺的スーパー耐久関連レポート”をお届けする。

ちなみにコロナも落ち着いてるから煽っているようなタイトルにはしなかった()

この週はブラジルグランプリ改めF1サンパウログランプリ*1があり、”スプリント予選の予選”があった。しかし起きて見るわけにも行かないので普通に寝ていた。まあとにかくレースに向かう朝は早いのである。世界、おはよう。

どういうわけか自宅から岡山臭いサーキットまで2時間半でつくと勘違いしていた。なぜそんな勘違いが発生したのだろうか?やはり春のSUPERGT以来の岡山国際サーキットということで感覚が鈍ったのだろう。9月のスーパーフォーミュラがあればそれで感覚を戻せたかもしれない。やはりSFがなくなったのも今回の到着時間の間違いに至る一因にあるのだろう。なくしたのは本当に恨む。

そんなわけで走行が始まる9時に着くつもりが走行開始(9:30)とともに到着。すでにマシンが走っている。

とりあえず到着するなり金曜日まで謎に包まれた今回ST-Qにエントリーした37号車を探す。見つけた。

ウィリアムズコーナーを静かに立ち上がっていく。まるでリフトアンドコーストしてるかのように静かである。エンジン音が聞こえず、タイヤと路面の擦れる音がきこえる。

その違いは37号車と同じメンテナンスであるはずの17号車との比較でも明らかである。ディーゼルエンジン特有のシュルシュルル音を立てながら立ち上がっていく17号車に対して何度も言うように静かである。まあ静かなのは事前のレポートで頭に入れていたが、

www.as-web.jp

まだ不明な点が多いが、ディーゼルエンジンを積んでいることは変わらないものの、伝わってくる噂を総合すると、どうやら燃料に秘密があるようだ。なお、コースサイドで見ているとエキゾーストノートが非常に静かだ。

全くエンジン音が伝わらないというのは予想外だった。あまりにも静かすぎて日産のe-Powerのようにエンジンで発電してるんじゃねえのなんて思っちゃうほどである。まあそれは考えすぎだったようだが。

まあ、予選日になったらなにか明らかになってるだろうとSNSで情報を漁ってみても何も明らかになっていない。まさに今、目に見えるものしか明らかになっていないのである。

スーパー耐久岡山はもうひとつ謎が用意されている。わざわざご丁寧にもう1台展示車両があるけど何が来るかわかりませんという↑。すでに置かれている展示車両は直前に発表されたトヨタとスバルの電気SUVである。ここにもう1台自走でやってくる!お楽しみということである。この時点で37号車とこのもう1台の展示車両の関係性は不明。ちなみに予選日朝の時点でもう1台は未着だった。

とりあえず37号車のエントリー名が「MAZDA SPIRIT RACING」と判明したので急いでピット前に向かう。

f:id:custard_pudding23:20211113095943j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113100003j:plain

ノプロ17号車の隣に真新しいエントリー名を記したボードがある。この時点で確定したのが37号車はマツダワークスだということであろう。この時点で何も明らかにならない時点で昼間に行われるモリゾウの記者会見で全部発表するんだろうなと察する。

 

 

 

水素エンジンカローラが参戦して以降、スーパー耐久のステージ、イベントスペースはミライからの発電で賄う様になっている。車両に充填された水素と空気中の酸素をゴニョゴニョして水にするときに発するエネルギーを用いるのである。サーキットで走っている水素カーとは別の水素活用法であることを理解いただきたい。それで車両内で蓄電された電力を取り出すのにコンバータ?のようなものが介さなければならない。このとき用いられるのがホンダの機器である。うーむPowered by HONDA。

 

私の観測範囲では謎に包まれた37号車の考察で溢れかえっていたので誰もBMWの新型GT3に興味を示していないと思う。正直興味がない…と思っていたのだがこの車両のステアリングはレースシミュレーターでおなじみ(らしい)のFanatecのものを搭載しており、取り外してそのままシミュレーターで使用可能とのこと。すげーってなったけど冷静に考えるとなんでそこまでするんだっていう疑問が。

bmw.fanatec.com

牽引を雑にやったのだろう。

 

なんやかんやで鈴鹿でチャンピオンを獲得したST-2クラスの7号車の面々。早速チャンピオン記念パーカーを作り、タオルも作り、楽しそうでした。

f:id:custard_pudding23:20211113114533j:plain

↑見つけてしまったけどなんかとんでもない企画があったようで。

 

TUBEです。夏です。

 

真新しいストップボードと使い古し*2のストップボード。中身は同じだというのにワークスが関わるというのはこういうことなのだと痛感させられている。おそらくこの裏でモリゾウの会見が行われ37号車の概要が明らかになったのであろう。

f:id:custard_pudding23:20211113113504j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113115138j:plain

今更ここで書き並べることはしないが、バイオディーゼル燃料を使用してレース参戦という。ではなぜ同じディーゼルエンジンだというのに17号車よりも小さい音だったのか?その疑問にオースポの記事にこうある↓

www.as-web.jp

DPFとは、ディーゼル微粒子を捕捉するフィルター。温度を上げることで燃焼を促進する。この装着によって煤だけでなく副次的に排気音も吸収して、DPF以降の排気管はストレートだが、ノーマルカーのような静かさで周回していた。

DPFの分、フロントが10kgくらい重いのと、現状では保護のために出力を若干抑えています。まだまだ先はあるなとすごく感じています」(寺川氏)。

DPFかましているから音が小さくなっているとのこと。更にこれは排気管から出るススも取っているようでそれはレース後の37号車のリアからも伺える。

ここで生まれる疑問が17号車はそのフィルターつけてない(と思われるススの量から)のに対して37号車はDPFをつけているのだろうか?かなりの重量増になるからレースでは外すというのがセオリーのように思えるが。

ちなみに17号車もかなりススの量は減ったらしい。どうせ真っ黒だろと思って写真は撮って無かった。

ちなみに燃料のバイオディーゼルはリッター1万円という記事がある。

f:id:custard_pudding23:20211114115755j:plain

↑つまりこれには新しいiPhoneを難なく変えるくらいの値段の燃料が積まれているということなのか。でも安心してください。これ、合法です。

 

f:id:custard_pudding23:20211113114949j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113113252j:plain

年パス最後ピットウォーク、最後のハンコックガールを眺めている。ああ~いいよねえ~

 

f:id:custard_pudding23:20211113115210j:plain

隣の平良選手は置いておいて翁長選手、めちゃくちゃファンサがいい。応援したくなっちゃうわ~。平良選手はこのあとすぐに離席し、ゴルフの話をしながら別のところに行った。ちなみに野中選手はいなかった。

 

f:id:custard_pudding23:20211113114438j:plain

(人気の)レースクイーンの隣に助っ人の富田選手。これはアンニュイな表情だけど対応後は笑顔でおじてくれた。応援しますぅ~。

 

岡山国際サーキットでピットウォークするといつも気になっていたのがピット入り口にある絶賛稼働中のブラウン管テレビである。しかしとうとう時代の波に押され無くなってしまった。

しかしボロボロになった机の上に置かれている使えるのか怪しいダイヤル式の電話は残されている。もちろん懐かしき「National」表記である。♪明るい~ナショナル~♪

www.youtube.com

 

ピットウォークから戻ると謎のクルマが明らかに。

まあ、エンジンがミソだから外面は普通のクルマなんですけど。

実質ゼロっていう表現、どっかで聞いたなって思ったら”カロリーゼロ理論”で登場するワードじゃん。

カロリーゼロ理論 カーボンニュートラル - Twitter Search

って思ったら多くの人がそう考えている様子で。

 

お昼は岡山国際サーキットでおなじみのたこ焼き屋がやってる天丼である。なんと注文してすぐ揚げるスタイル、このボリュームで1000円*3である。味はご想像の通りおしゅうございます。まあ欲を言うとご飯大盛りにしてくれねえかなあって思うけど流石に屋台でそれは無理があるよなあ。

 

TUBEなんです。夏なんですよ。

www.youtube.com

 

予選中隣で撮影しているおばさまたちが立ち話をしている。どうも給水素がやたら時間かかってレースできてないやんけと。ならカートリッジでカチッと取り替えたらいいやん~という。おそらくおばさまたちの頭にあるのはカセットコンロのようにカチッとボンベを取り替えるようなことを言っているのだろう。しかし水素を充填するのも合わせてこれは開発なのである。

toyotatimes.jp

今は、街の水素ステーションがサーキットに仮設されたということではあるが、こうした水素充填の面でも、レースに参画することを通じて、今後の革新につながる発見があるかもしれない。

水素を充填もかなりの”カイゼン”が図られている様子

www.as-web.jp

水素充填スピードは、第3戦富士では4分30秒かかっていたものが、オートポリスでは2分30秒、鈴鹿では2分20秒、さらにこの岡山では1分50秒と、アジャイルな改善が進められてきました

とはいえ、水素ボンベの統一規格作ってカセットコンロのように取り外すようにしてもいいのでは。いや、そのボンベを安全な位置に置かないと事故したときにガス爆発が起きかねないか。安全な位置…

f:id:custard_pudding23:20211113123216j:plain

ミライではこんなところに水素タンクがある。

これを考えるとカセットコンロのように簡単に取り替えるような方法はとりづらいか。

 

パドックエリアに入り、ピット出口から撮影をしていると中年の女性から尋ねられる。なんででかいカメラでマシン撮ってるの丸わかりの俺やねん。しかも、

f:id:custard_pudding23:20211121124924p:plain

赤矢印のときである。おばさまが欲ししていた水素カローラが走っている時間は青枠である。お前なにしに来たんや。

それだけ疎い人ですら水素エンジンカローラは注目されているということなのか?

 

親の顔ほど見た部屋ではないもののデカイテレビが備えた宿に到着。

テレビのデカさを伝えるために横に立つ。私は172cmとなっております。

直前まで和歌山を放浪していたツレがみかんを持ってきた。まだ使うには早すぎたこたつの上にセット。

 

岡山の観戦ルーティンとなってきているコティージとよくわからん中華料理屋さんである。

グツグツと煮えきった麻婆豆腐をお迎えする。とても辛く美味しい。しかし課題としてこれにラーメンとご飯と漬物とクソデカ唐揚げ(2個)とフルーツポンチ*4がセットになっているのだがそろそろ全部たいらげるのはきつくなってきた。今回はもちろん感触した。美味しいんだけどねえ…

そして毎回翌日になってお腹の不調と真っ向勝負するわけだが、今回はお腹の不用意な脈動を感じながらも岡山臭いサーキットのトイレを使用することなく日曜を過ごせた。これはもう勝ったと言っていいだろう。俺は何に対して勝ったのか何をそんなに誇っているのか。

コロナだろうがマンボウだろがレースがあれば行く~スーパーGT Rd1 岡山国際サーキット~ - #プリンはおやつに入りません

翌朝、やはり辛いものを食した次の日はお腹の調子が悪い。出発予定は7時半にしてこの脈動。どういうことかツレがお湯が湧いてない!!ということでみんな車に向かった中ケトルでお湯を沸かし始めたので俺もチャンスとホテルのロビーにあるトイレに飛び込む。そこで麻婆豆腐の残り香と戦っていたら”先に言ってるよ~”というライン通知が。ちょっと待て!と焦って急いで花を摘み終わり、駐車場へ急ぐと我々のツレ乗る車はそこにない。

今回おいていかれることはなかった。

 

そして翌朝、あのデカイテレビでF1スプリント予選略してプリン予選を観戦する。

トップ勢はオーダーそのままだが、諸般の事情により最後尾スタートになったハミルトンがバンバカ順位をアゲていく。結果5位まで順位を挽回した。その後風呂で更に決勝でグリッドダウンを控えているためにエンジン交換するんじゃねと言うような話をしていたが、決勝に向けてはそのまま5グリッドダウンでスタートし優勝。メルセデスのライフ無視した*5マキシマムパワーはかなり手強いですね。

 

7700円するTシャツってどんなんだろうかと気になって買ってしまった。

いや~7700円ですよ。チームロゴの入ったポロシャツでも6000円前後なのに。来てみると実に普通のTシャツである。普通すぎて何も言うことがないくらい普通のTシャツなのである。まあいうとするとプリントがしっかりしていて上から素材を貼り付けたということではなくてしっかりプリントしてあるのである。7000円もする理由ってそれなんか…

裏にはデカデカとバーコードがあるなと思ってたら反対側にはQRコード*6がある。そうかQRコードか、もしかしてモリゾウが「このTシャツ買ってくれてありがとう。一緒にカーボンニュートラルな社会の実現に取り組んでいきましょう」みたいなコメント動画があったりするんかな~とワクワクしてたら、ツレが読ませたスマフォを見せてくれた。

 

 

 

 

ト   ヨ   タ   イ   ム   ズ

f:id:custard_pudding23:20211121132154p:plain

 

 

 

 

そう、このQRコードはなんのことはないただのトヨタイムズへのリンクだったのだ。俺は、7700円もはらってトヨタの広告に加担しているだけなのか…がっくりである。

せめてモリゾウとのツーショットチェキくらいあってもいいじゃないか。

 

f:id:custard_pudding23:20211114081918j:plain

そんなこんなでサーキットに着く。年パスでラストグリットウォークである。ただ気になるのがグリットウォーク改めグリットビューイングだと記憶しているのだが、通常あるような芝生エリアからグリットの様子を観察するだけではなく、コース上に立ち入っても何も言われないしだれも止めない。一体岡山国際サーキットはどういうつもりだったのかよくわからん。

ちなみに水素エンジンカローラの前に来るとこのようにプレスで囲まれていた。そりゃあマツダもメーカーで参戦すると聞いたらレース以外の一般メディアもやってくるだろう。そんな中俺は水素エンジンカローラのTシャツを見せつけるように周辺をぐるぐる歩く。モリゾウが見つけて”ありがとう”なんて言ってくれるかなあっていう淡い期待を持っていた。だって7700円も払ってるんだぞ。トヨタ自動車株式会社代表取締役社長から直々の”ありがとう”なんて一生かかっても得られるものではないそう考えると7700円も払った価値はあるんじゃないか。まあ、気づかれることはなかったんですが。

 

f:id:custard_pudding23:20211113135011j:plain

事前の練習走行でクラッシュしたチーム平木ことHELM MOTORSPORTS 62号車。ガムテでカラーリング再現とか。

 

夏を感じる。(ちなみにどの人TUBEの人なのか知らずチームの人に聞いたことはここだけの話である。)

 

まあ例によってレースの内容はほかメディアで書いてあることをわざわざ書くというものしんどいので割愛する。

という投稿をしたことを見せるとおねーさんからぶつからないミニカーをもらえた。

新型BRZを試乗すると貰えるやつである。

このようにかなーーーーり隙間を開けて止まる。

リアランプまで光る。小芸が光る。

こういう意地悪はだめですね。はい。

 

 

さすがにもう年なので天丼のような脂っこい食べ物を2日続けて食べる気力が無かったので隣のたこ焼きを食べる。これがまたあったかいんだからぁ~

ソースをこぼした。泣きたい。

 

終盤、残り数分というところでTUBEが戻って来ないこと気づく。どうやらトラブルとのことということらしい。これはつまりTUBEが終わった=夏が終わったということではないか。そうだよな。もう11月なんだぜ。夏は終わったんや…

 

午後のピットウォークなんかしらんけどKTMのフロントがカーボンになっていた。予選のときに積車に乗っていたぞというツレの情報があったがそのアクシデントによるものだろうか。まあなんかよくわからん。ちなみに今回もこの車両の助っ人に吉本大樹がやってきたが3時間のレースでなにかやったんだろうか。

 

www.sankei.com

事故を巡っては、サーキットの運営会社などに対して安全管理が不十分だったとして、遺族らが計約3億5千万円の損害賠償を求めて岡山地裁に提訴し、係争中。

岡山国際サーキット「警告するボード立てたし安全管理ヨシッ」

 

スーパーGTでも見たことあるタイヤの温度管理(もしかしたらブレーキもホットのままにできる?)である。なんでこのクルマが最後尾なのかよくわかっていない。ちなみにST-1クラス優勝した。

 

激しく競り合うランエボとGRヤリス。225号車は結局シーズン4勝したというのにチャンピオンではないという。24時間レースが無得点なのが効いているんだろうけど不思議なチャンピオンシップであった。

 

チェッカー間際まで飯を食べるタイミングを失ってしまったので軽くたこ焼きをまた食す。これまがまたあったかいんだからぁ~。

 

終盤KTMSのGRヤリスとスポット参戦のエンドレスのGRヤリスが激しく競り合う。チェッカーはわずかにKTMSが先行した。来年から通年エントリーだとかなり強敵になりそうなクルマである。

 

f:id:custard_pudding23:20211114163951j:plain

月が出ていた。

 

 

岡山国際サーキットでの観戦ルーティン、最後は大阪国際空港周辺になる松のやで夕食を食すである。当初はツレが近くに松のやがない、松のやはおかわり無料で最高じゃんということからこのルーティンに入っている。しかしどうやらそのツレの近くにも松のやができたらしい。おまけに”無料おかわり”に関してもコロナ禍で若干ルールが変わって自分で継ぐ方式からカウンターで注文する方式に変わっている。もはやわざわざ向かうほどの理由は無いような気がするんだが。ツレは楽しそうにご飯大を2杯食していた。ご飯大は丼茶碗にもられるのである。

 

さて、以下はフォトギャラリーをご堪能ください。

f:id:custard_pudding23:20211113105919j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113105958j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113131800j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113132430j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113132559j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113132630j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113132715j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113134257j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113134500j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113141945j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113143257j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113144421j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113151502j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113151511j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113154746j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113154827j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113155043j:plain

f:id:custard_pudding23:20211113155957j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114090056j:plain

黄色青白というカラーリングに使用する色が同じな浅野レーシングサービスとルーキーレーシング

f:id:custard_pudding23:20211114090608j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114091032j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114091103j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114094733j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114095021j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114095136j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114095257j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114095551j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114111131j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114111216j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114111239j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114112519j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114113634j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114120550j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114121936j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114130656j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114130721j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114130837j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114131758j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114131831j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114131927j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114132054j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114133408j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114135427j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114135531j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114135926j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114140015j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114140423j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114141105j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114141311j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114141445j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114141548j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114141905j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114142010j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114142808j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114143200j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114144229j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114144822j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114145629j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114151402j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114152417j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114152855j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114152949j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114153542j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114153923j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114154101j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114155703j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114163356j:plain

f:id:custard_pudding23:20211114165336j:plain

 

今年も堪能しました。ありがとうございました。

 

 

custard-pudding.hatenablog.com

 

custard-pudding.hatenablog.com

 

custard-pudding.hatenablog.com

 

custard-pudding.hatenablog.com

 

custard-pudding.hatenablog.com

 

custard-pudding.hatenablog.com

↑タイトル、2021の間違い…

*1:ブラジルは2大会やってるわけでないが”国名”+GP表記ではなく街の名前+GP表記となっている。今ひとつ調べきれてないがリオでもレース開催を控えていた?やるつもり?で2大会の見込みがあったからそういうラウンド名だったとか 追記:っていってたら友達から→の情報を頂きました。世の中💰💰💰f:id:custard_pudding23:20211125224508p:image

*2:なんならクラス表記すらそのまま

*3:海老天、とり揚天だと800円なのだが写真のものは鶏もエビも入っているとり海老天である。

*4:のようなものと私は思っていたのだがこれは杏仁豆腐だろと指摘を頂いている。杏仁豆腐なのかフルーツポンチなのか

*5:と思っている。対してホンダは新コンポーネント前提としたレースはせずに残りの基数で戦うらしい

*6:ちなみにQRコードトヨタグループのデンソーが開発した規格なのである。豆な。