#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

閃光のハサウェイの感動を皆に伝えたいがうまく言葉にまとまらないと思う

閃光のハサウェイを見た。

 

今のガンダムの映像技術はすごいよね。テレビシリーズでは考えられない書き込みの量。ユニコーンとかもそうだったがコックピットの計器一つ一つにしっかりと書き込みがあってリアリティがすごい。全天視界モニターに映る閃光一つ一つにマーカーが表示されているシーンとかは感動そのもの。あとこれは多くの批評されているところで挙げられているが人視点のMS戦闘シーンがすごくうまい。ただでっかいロボットがぐわんぐわん動いているだけじゃなくてビームから逃れる人々、崩れゆく建物を避けて走る人、閃光で照らされる人などハリウッドのそう言うパニック映画とかそいうのを思い出す作り。しかしそれでも印象深かったのはハサウェイのマフティーとして振る舞うのかハサウェイとしてギギを守るのかと言う迷いがあのシーンにいっぱいに詰まっていてとても良い。こんなに感情移入させておいて3つ目の映画であれでしょ。ぼくちん劇場で泣きそうだよ。

CG技術が発達してあのわけわからんゴツゴツしたクシィーガンダムペーネロペーがアニメで再現できるようになったとかなんとか。肝心のシーン自体はミノフスキークラフトとかを搭載する化け物MSのせいでクッソ動きが速いわ、夜のシーンでほとんど機体見えんわでなんじゃこりゃ状態なんだけどいや、それでいいんだよ。何回でも見て噛み締めるんだ。あのシーンはスルメだ。

戦闘シーンもそりゃすごいっちゃすごいんだけど今回の映画の見どころは表情だな。登場人物色々な表情を見ながらその時の心情を我々が想像するそんな作りを感じる。小説を映画にしたと言う真髄はここだろと。

ここまでなんとなくぱっと浮かぶ感想をざっくりまとめた。4DX版を見た*1が、ドルビーアトモス版もすごいらしいのであと思う一回劇場に通ってハサウェイにお布施をする。チャリーン

*1:冒頭の宇宙のシーンは没入感?奥行き感?すごいなと思ったが閃光のハサウェイは地上オンリーのはずなので宇宙のシーンはない。それは残念である。