プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

書きたいことしか書かないぞ

久しぶりの更新。
そもそも、毎日更新するほど文章やらかきたいネタなんてポイポイ出てくるもんじゃないから本当に記事を書くペースが悪い。

突然だが、自らのFacebookやらのポストを見てふと思うわけですよ。

くだらない
本当にくだらないと。それでまたそんなこと誰かが知っても「そうだね」っていうだけのことしか書いてない。
ツイッターの場合はある意味気持ちのログとして捉えているのでその時の心情感情をどんどん自由にポストしてやってるのでくだらないし面白くないのも当たり前なんだけど、Facebookっていうのは閲覧者が実際の友人というわけだからそんなに自由度もないし、数分ごとに投稿できるというものでない。
おまけにやっぱりあの類のものというのは自分を少しでも良く思わそうという欲が出るので少し自分ではない自分をポストしてしまう。

そんなわけで最近の俺のFacebookの投稿というのはだんだんいい加減になってきて大喜利のようなポストが多い。

それでいいねが多ければ面白かったんだなと勝手に納得している。

じゃあブログは何?

じゃあ、ここでは何を書きたいのかというのをじっくり考えてたらブログの原点、"書きたいことを書けばいい"ということと「くだらない」の反対、"真面目に発信したいこと"に至った。

FacebookTwitterの発信力はせいぜいフォロワー、フォロワーのフォロワーくらいにしかないので非常に弱い。しかしブログなら新着記事の欄にでも乗っかれば誰かしらみてくれるし、アクセスさえ(それが難しいんだがね)してくれれば世界中誰でも見てくれるんだから価値がある。
だから思いをはっきりと発信したい。


結び


…と、まあそんなところなんだけど、なんせ文章力が低いものだからなに書いてるか意味わからんし、電車の中でこの記事書いたので意味わからん。