プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

学園祭間近で頑張る準備。

今日はいつになく精神力がいる日だった。25日の登校日以降、毎日夏休み明けに行われる学園祭の準備で忙しい。特に今日は疲れた。

その理由は、体育祭で使うと思うゼッケンを自分たちで作らなければならなかった。大方の男子は何もしてないので自分で適当に(フォントが決まってるからそれに従わなければならないから何も楽しみが無い)作ったのだが、大方の女子(いや全員)は文化祭等の準備を頑張っていた。だから人のいいのかモテたいだけなのかは分からないが、いつもでしゃばっていて「リーダー」っとあだ名をつけられたある人は、「自分がやったろか?」っと女子に問い、そして7人の女子からゼッケン作りを頼まれた。7人も大変そうだったので、僕も3人手伝った。(僕も人がいいのか、それとも…)

そしたら頼まれる数がドンドン増えいき、大方の女子のゼッケンをたった2人で作ることになってしまった。そのゼッケンつくりとは、布に紙に書いてある番号の自体を窓で透かして鉛筆で写す→その写した番号をペンで塗る。 この工程約3分。

 

まぁ疲れた。