#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

タグの付け方でいいね数って変わるの?という疑問を解消するため実験中

インスタグラムのタグの付け方、今まで特にきにしてなくてとりあえずシリーズ名とサーキット名をつけてりゃいいやという運用にしていた。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuki Kitamura (@custard_pudding)

www.instagram.com

こんな感じである。

しかし私が見る多くの人はアレもコレもとハッシュタグ生成して投稿しているのである。たしかにタマが多いほど当たるというわけではないが、より多くの人に投稿を見てもらえるのかもしれない。で、なんでそれをしないかというと単純に”めんどくさい”と思っているからである。タグをいっぱい付ける…一体どうやってあんな一杯タグを付けられるのかいつも不思議に思っている。まあ彼ら彼女らにとって定型文があってそれに則るだけなんだろうけど。

でもよ、本当にそれでいいね数が変わるなら、やってみたいじゃんっということでこれまでの投稿から少しやり方を変えたのである。

 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Yuki Kitamura (@custard_pudding)

www.instagram.com

それがこちら。やみくもにハッシュタグを増やしても意味がないということで海外ニキに受けそうなハッシュタグを研究した。

しかしいまいち納得ができていない点があって、ハッシュタグを増やしたところでそのハッシュタグをつけたことによって我々の投稿まで到達するんかいなと言う疑問だ。フォローしているユーザならTLでその投稿を確認し、いいねというアクションを取ることができる。しかしわざわざハッシュタグから投稿を探すのだろうか?少なくとも俺はしない。

こういうハッシュタグをつけることに懐疑的な我々に向けインスタグラムもハッシュタグフォローという機能を設けている。そういうわけでハッシュタグをつけることが全くの無意味ということではなかろう。しかしあの機能で表示される投稿とは一体どういう基準で選ばれるのか今ひとつ見えない。個人的な感覚としては同じ人の投稿*1が表示されているイメージである。

やっぱり単純にいいね数を稼ぎたいのであればフォロワーを増やせばよいということでぜひ我がアカウントのフォローをよろしくお願いいたします(?)

www.instagram.com

*1:しかもいいね数がそこそこあるような