#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

ウォンバットライブカメラが俺を呼んでいる

今、俺のユーチューブおすすめ欄に必ず鎮座する動画がある

ウォンバットライブカメラである。

ウォンバット…このおすすめ欄に出てくるまで一体どういう動物なのかよくわかっていない。というかこうして書いている今も、このサムネ欄にある姿(かわいい)以上の情報を持っていない。カピバラのようなげっ歯類なんだろうか。名前から想像するイメージはとても強そうである。ウォンにバットである。

ウォンといえばウォン・リーである。反地球連邦組織エゥーゴの出資者の彼である。名前からして中国人系なんだろうが特に劇中ではそのような描かれ方はなかったようなきがする。まさに軍人にお金を出してる偉い人という感じで無茶を言うおじさんだった。

そしてバット、英語ではBUTである。そんなこんなでウォンとバットをあわせてウォンバット、なんか強そうじゃないですか。しかしサムネにあるのは切り株の上に乗せられた餌だろうか、切り株に半身を乗りむしゃむしゃ食べながらしっかりカメラ目線。なんと可愛らしいお姿であろう。

しかし、悲しいことに私がライブカメラを閲覧できる時間は日が落ちたところなのでカメラが真っ暗で、正直サムネのような可愛さはよく伝わらない。(ただしウォンバットは夜行性)

もしやこれは実際に会いに行けという神のお告げではないのだろうかと考えている。よく考えるとウォンバットライブカメラがおすすめに出てくるような動画を視聴した記憶が無いのだ。もっぱらカメラ系やユーチューバーが叫ぶ倒す動画しか見ていないのに、どうして突然ウォンバットライブカメラなる癒し系の動画がおすすめに登場するのであろうか。ユーチューブのアルゴリズムなるものはよくわかっていない。しかし、これはおかしい。そうか、これは実際に池田市五月山動物園に行けっと言うことなんだな。そういうことなんだな。

俺はそう受け取った。