#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

AWS障害はスマートホーム構想を打ち破る

仕事から帰宅する。

ひとり暮らしなので誰も居ない。だから電気は自分でつけるのである。かばんを置き、独りでにしまったカーテンのせいで真っ暗な部屋で叫ぶ

「OKGoogle!、電気つけて*1!」

というとGoogle Homeに紐付けたSwitchBotシステムによってSwitchBotハブミニが部屋のシーリングライトをONする。

そうシーリングライトをつけるためのスイッチを触ったりリモコンを探したりすることなく部屋が明るく…

 

 

 

なるはずだった。AIスピーカーはこう続ける

「接続されているSwitchBotにアクセスできません」

な…何だと…

そういえば朝も

~朝~

起床し、ベッドからこたつへ移動する。そして唱える

「OKGoogle!、おはよう」

そうするとAIスピーカー

今日の日付、天気、気温を唱え、テレビをつけて*2こたつをつけてくれる…のだが

「接続されているSwitchBotにアクセスできません」

と返した。寝ぼけながらもまあよくあることやと数秒おいて同じく

「OKGoogle!、おはよう」

というと何事もなかったようにこたつとテレビがついた

~~

ということがあったので何かがおかしい。なにかがおかしいんだと真っ暗な部屋で携帯を取り出しツイッターを眺める

どうもAWSサーバーのトラブルらしい。AWSサーバーのトラブルって半年くらいの感覚でよく聞くやつだ。っていうかSwitchBotお前AWSサーバー使っとるんか。

ということで全くだめ…というわけでもないがたまにだめという状況でどうしたものかと暗闇の中で考える。3分落ち着いて改めて

「OKGoogle!、電気つけて!」

とも

「OKGoogle!、こたつつけて!」

とも話してみたが動作する気配はない。

こうなると現代文明を奪われた人類よろしく、トコトコとシーリングライトのリモコンを取って明かりをつけ、こたつの電源をONし、テレビはSwitchBot導入とともにリモコンの電池を抜いたので主電源ボタンを探す。薄型テレビになってからというもののボタンが変な場所についているので全然触る機会がない。一体どれが主電源ボタンなんだと数分格闘。本来ならこたつに潜りながらあれもこれも電源を入れるという最高のスマートホームとなっていたのに。

 

www.amazon.co.jp

あまりにもこういうスマート化デバイスが便利だからいよいよ家の鍵にも外付けできるようなやつ買おうかなああなんて心動いていた矢先にこれである。鍵は絶対に物理鍵にするわまじで。

 

ーーー追記

祝、障害解消

【12月8日(水)システム障害のお詫びと復旧のお知らせ】 – SwitchBot(スイッチボット)

■発生日時
クラウドサービス異常:2021年12月8日(水)2時37分~2021年12月8日(水)11時39分

サーバー混雑期間:2021年12月8日(水)11時39分~2021年12月8日(水)22時59分

とのことで、私が出会ったのは混雑期間の様子。

障害期間のリクエストが積んでおり、大量なアクセスが集中して回線が混み合う状況がありました。

ええんやで、俺みたいに横着してこたつつけようみたいなのは後回しで良かったんやで…

ちなみにURLが

https://www.switchbot.jp/pages/owabi

”OWABI”なの最高にクール(え、もしかして障害起きてたの日本だけ???)

*1:本当はライトつけてとか明かりをつけてという構文が正しい。「電気」とは本来明かりのエネルギー源であり電気では明るくならないのである。しかしこういう俗語的な表現もGoogleはフォローしてくれるのである。Googleさいこー

*2:朝生ワイド す・またん!にチャンネルが行くようにしてある