#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

メモってなにメモするんっすか

随分前にiPadを買ったとき、パチッと本体にくっつくアップルペンシル(1マンエン)を買った

iPad本体サイドにパチっとくっつくあの体験をしてみたいとかいう非常に安直な購入動機である。故にたまに撮った写真にキャプションを入れる以外は本当にiPadに付いてるだけという無用の長物になりつつある。

今までiPad Proと新しいiPad Airでパチっとくっつくアップルペンシルが使えたようなのだがこの度このアップルペンシルに対応したiPadminiが登場したそうな。あのサイズ感にProモデルから続くベゼルレス&ホームボタン削除のシンプルデザインでちょっぴり心がなびいてしまってユーチューブでレビュー動画眺めてたりしてる。しかしそこで口々に言われるのが「ぱっとメモが取れるねえ~」っていう謳い文句。新しいiPadminiは古典的な手帳とほぼ同じサイズと言われなんかそういう使い方ができるじゃんやったね~みたいなレビューを観測する。

思えばこれまで何度か手帳というものを手にしたことがあって、かついつでもメモ取れるようにと携帯したことがあったがまともに機能した覚えがない。買い物メモなら頭で記憶するし、なにかアイディアは思いつくけどその場でメモが取れずに忘れちゃったりする。というかアイディアを思いついてもそこでメモを撮るという習慣がない。何よりメモをとるというのはつまり何を記録しているのか?

職場でも手帳やメモのたぐいは携帯していない。職場内でなにかを書いたらそれはもう機密情報と言う扱いになるので持ち帰りができないというものあり、そもそもメモして覚えるくらいのものならちゃんと手順書を作りましょーねという文化なので何かを記録して見返すということもない。

そんなわけで世間一般的に言うメモをとるというは一体何を残しているのか、そしてそれをいつ、どのようなときに見返すのかという疑問。