#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

コロナだろうがマンボウだろが緊急事態宣言だろうがレースがあれば行く~スーパー耐久 Rd5 鈴鹿サーキット~

f:id:custard_pudding23:20210924233840p:plain

S耐も残り2戦となりました。

もはや説明するのがめんどくさくなってきたが、諸般の事情で私は年パスをもらっているのでスーパー耐久シリーズを(今年は開幕茂木を除く)全戦現地観戦することになっている。

custard-pudding.hatenablog.com

 

今回のラウンドは鈴鹿サーキットである。去年はやるやる詐欺で結局コロナで飛んだ大会である。故に2年ぶり。加えて言うと前回の2019年は開幕戦として開催されたレースだったので実感としては2年よりも長く感じるところである。

custard-pudding.hatenablog.com

 

毎度この”俺のスーパー耐久観戦レポート”を楽しみに待っている友人がいて毎回はよはよと急かされる。

期待に答えたい。

 

台風のせいでスケジュールが直前になって一新された。走行がすべて午後になり、朝はユックリできた。京都は特になにもない穏やかな朝だった。というより台風がもたらすキツイ雨雲はすでに通過していたのである。

 

まだ自宅。あーこんなん撮りたかったな~という投稿

custard-pudding.hatenablog.com

去年の台風クライシス@菅生での写真である。後述するが今回、雨すら降らなかった。

 

でっぱつ。ガソリンがない。

道中駐車場から車道に出ようとする車と普通に車道を通ってる車がゴッツンしたのを目の前で目撃する。「ええええええええええええええ」と車内で叫んだ。本筋とは関係ないのでそれだけである。ちなみにリプ主の友人も道中同じく事故現場を目撃したとかなんとか。まあ、世は3連休だからな。サンデーなドライバーが多いのよ。

 

鈴鹿に到着。京都ではすでに絶滅したツクツクボウシの音が聞こえる。鈴鹿ではまだ彼らは現役だったのである。しかしもう9月の下旬。彼らの命も僅かであることは確か。今聞こえる鳴き声は決死叫びであろう。頑張れ。

ところでこんなゆったり移動でも止めた場所はアスファルト舗装のP4だった。

https://www.suzukacircuit.jp/access_s/parking_race.html

流石に台風予報が出ていて予報円もガッツリ被ってるとなると家でステイするか計画変更する人が多かったのだろう。人は少なかった。おまけにそもそもコロナだし。

 

今回、鈴鹿のレース前にスーパー耐久事務局直々にメールが来ており、

・年間パスでパドックの入場不可

・紙チケットの配布

という制限があることの連絡があった。年間パス持っている人なんて数人なのに「プラパスを提示してもらって紙チケットを渡す」という連絡がサーキット側のスタッフに伝わっているかどうか不安であったが見事的中した。↑の状況である。

結局数分待たされて入場することができた。ちなみにただの入場券ではなく指定席券との引き換えができたので、

f:id:custard_pudding23:20210923223317p:plain

△”当日券はありません”に対して”当日券”と書かれている矛盾のあるチケット表記だった。

V2席を選択してみた。ちなみに自動発券なので空いている適当な席が選ばれる。ノーマスクで喋っててスタッフに注意されるような中年おっさん2人組の隣だった。ツラ。

一方、友人たちは年パス入場できてしまう俺を差し置いてRBOX席を購入していた。

事前に↑をやるからな!みんな端末なに持ってくる???みたいなやり取りがあったのである。ちなみにチケット確認がGTやSFほど厳密になってなかったのでちょっと寄ってみると

このように1BOXに1つある100V電源が見事なタコ足配線となっていた。まあUSB電源っぽいし関西電気保安協会が出てくるほどでもないか。知らんけど。

www.youtube.com

ちなみにV2席の眺めは

悪くないわね。

(が、レース中は一切立ち寄らず。これがアマチュアカメラマンの、性)

 

f:id:custard_pudding23:20210919092213j:plain

遊園地内に構える角田の写真がいっぱいあるところ、通称”角田ゾーン”がさらに進化していた。しかし、今年の分は日本グランプリで日の目を見ることはないんだが。

ところで角田ってかまいたち山内に似てない?え?違う?そうですか。

 

例のV2チケット、はやり指定席券だけということでオプションイベントの”ピットビューイング”には土日ともに参加できず。まあ鈴鹿だとドライバー出るな/レースクイーンでるなが徹底されているので単にマシンが置いてあるピットを歩く、ビューするくらいなので散々そういうイベントに行き尽くした3年目の年パス勢としては惜しくない。

えーそんな~マシンの写真がみたいよおって方は先日のオートポリス戦のブログをご覧ください。

custard-pudding.hatenablog.com

 

 

ところで鈴鹿サーキット最終コーナー付近にある”焼肉ランチ”ってご存知ですか?こちらは空腹に効くワクチンらしいですよ。

コロナウイルスワクチンでみんなやるように時間ごとのレポートをやってみたが大して面白くないのと大した反応がなかったので日曜日は淡白に「ワクチン接種です」というツイートで終わっている。ちなみに”タレ”も買って「ブ ー ス タ ー 接 種」とかいうツイートまで考えていたが日曜日げっそり疲れてしまって買うのを忘れてしまった。

ところで日曜日並を注文したのにこんもり入っていた。確かに提供時に店員が「XXXXなので多く入れときました^^」とか言ったのだがXXXXのところが上手く聞き取れなかった。思うのは土曜日の時点でこんだけキャベツ消費するのか…とビビるくらいのキャベツがあったので、単に準備した食材が多かったというだけと推測される。

味の方は変わらず脂感が上手くタレと絡んでご飯がすすむ。うますぎて空腹どころかコロナウイルスにも効いてるんじゃないかと思うほどである。

 

f:id:custard_pudding23:20210918133043j:plain

今回も”給水素”スポットが設定されている。よくわからんが場内実況の辻野氏いわくここにゲレンデがあったんだぞ~って話なんだがにわかに信じがたいが「スキーじゃなくてスノボーだよですよ辻野さん」というのようなうつぶやきを見かけたのでゲレンデがあったのは本当のよう。

20年ぐらい前、鈴鹿サーキットのレーシングコース内でスノーボード... - Yahoo!知恵袋

 

台風の雨で濡れた路面は午後の予選直前にはすっかり乾き、最初からずーっとドライだった。そしてよく晴れている。台風予報とは難しや。

この位置の写真で分かる通り、指定席であるV2を離れ西コースの海へと飛び込もうとしている。もう長いこと西コースでしかマシンを見てないような気すらする。

なんか色々継ぎ接ぎ感があるST-1クラスのポルシェ。FIAF4やTCRJで同じくアキランドから参戦しているドライバーたちのチームだ。決勝終了後の表彰式で気づいたのだが谷川達也選手もここにエントリーしていたのだ。知らんかった。

オートポリスで全損してるようなのでこの青ピカの個体は実質2台目のハズなんだけどその2台目も謎グリーンのバンパーを投入していたりもうボロボロ。

以前見つけたドライバー大山氏のインスタをどうぞ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 大山 正芳 (@masayoshi6121)

www.instagram.com

 

f:id:custard_pudding23:20210918144520j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918140235j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918140237j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918140241j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918140652j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918141403j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918141749j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918142717j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918142744j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918143525j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918154219j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918154414j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918154431j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918160233j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918161504j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918163145j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918163934j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918164004j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918164804j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918150224j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918150354j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918150940j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918151811j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918152109j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918152243j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918152306j:plain

f:id:custard_pudding23:20210918153823j:plain

 

Dドラ予選も終わるとスプーン1個目に俺一人になっていた。

いや正確にはスプーン2個めにいるおっさん*1がいるはず。しかし周辺見渡すと俺しか居ない。スプーン2個めは遠いからなあ、俺のところまで追いついてないだけかと勝手に思い、とぼとぼグランドスタンド方面に歩き出す。

ヘアピンまで帰ってきたがコース脇には本当に俺しか居ない。コース上には迎えのバスを待つオフィシャルさんたちが横一列に立っていた。

鈴鹿サーキットが新導入したタイヤカスさきいか3万個分*2の清掃車が走っていた。

そんな人の居ないヘアピンをすぎると

スプーン2個めで俺より後ろにいるはずのおじさんが俺の前に立っている。抜かされた記憶はない。体中に恐怖が走る。俺の知らない道でもあるのか…

 

最近鈴鹿サーキット観戦終わりにイオンタウンにある”やっぱりステーキ”によることが多くなった。ブロンコビリーとの2択で悩むのだが、やっぱりステーキが選ばれるのは圧倒的に空いているのである。(やはりコロナ禍なので密集している飲食店というのはどうも)しかし、夕食よりちょっと早い時間ではあるもののクラブマンどころかビッグレースのスーパーGT/スーパー耐久でも並ばずにすぐに食事できるというのは多少の不安を覚える。味?味は沖縄から全国に広がろうとしているチェーン店だ。まずいことはない。*3そしてなによりサラダとご飯とスープが盛り放題なのである。お肉も150g1000円から食べられる。つまり1000円で腹いっぱい食える場所なのである。それだというのに店内スカスカ。こちらとしてはすぐに入れるのは嬉しんだけど、こうスカスカだとそのうち潰れちゃうんじゃないかという不安がよぎる。潰れちゃったら激混みのブロンコビリーとなるのだが。まあそれは美味しいハンバーグが食べられるのはいいんだけど、激混みなんだよなあ…

ということで混まない程度にみんな気にかけてほしい。

どうでもいいけどやっぱりステーキって白子、四日市、津、松坂にも店舗あるのか…

京都はゼロです。

 

名曲から始まる日曜。レースに合わせてくればいいものをどういうわけかピットビューイングが間に合うまでに到着する。ピットビューイングに間に合うように来たってピットビューイングはできない。当たり前だ。チケットないんだから。

やることもないけど今回は指定席がある。ということで例のV2席に到着する。おじさん2人組はまだ到着していない。一方コースを見るとカローラがいっぱい並んでいる。個人的な事情でどういうわけかカローラがホットな車だったので思わず見入ってしまう。パラードの参加車両は7:3くらいでホットハッチのカローラスポーツが7、残りがカローラツーリングのよう。しかしあったのだ1台だけカローラセダンが。

f:id:custard_pudding23:20210924222718p:plainf:id:custard_pudding23:20210924222744p:plain

トヨタ ラインアップ | トヨタ自動車WEBサイト

ちなみにどういうわけか知らないんだがトヨタのラインナップを見るとカローラフィールダーがまだある。アクシオのもそう。カローラツーリングやセダンはフルモデルチェンジというわけではなく、どちらもまだ併売なのか?

 

カローラパレードとピットビューイングを尻目にサーキット着く前に購入したコアラのマーチいちご味を食べる。なんでコアラのマーチだったのか?それは特に理由はない。フィーリングである。みんなもっとフィーリングで物事考えていこうぜ。

ところで皆さん、コアラのマーチの絵面ちゃんと見てますか?これとかすごい世相を表しててグッと来るよね。

コアラのマーチは大人になったかどうかを図る指標であると私は主張したい。っていうかこのツイートも鈴鹿だな…

ちょっと待て、絵を見ないで食べるのが大人と言うならこの絵面に気づいた俺はまだ子ども?!

 

サーキットのスピーカーに轟くWindow10のリムーバブルメディア挿入時の効果音

 

見れたよ。良かったよ。

 

スタート進行が迫る時間帯になると寂しかった周辺の席が埋まりだす。しかしなんか周り中年のおじさんばかり集まるんだけど…どうして…

 

ちなみにここだけの話、今回エアバスターは各チームに貸与されていたとか。

 

アレが新しくなったらしい。ちなみに前のは岡山のチャレンジカップで共用らしく反対側は28と書かれている。きいたところによるとS耐でも28使いたかったらしいが先客(社長チーム)が居たので111にしたとか。

f:id:custard_pudding23:20210924224309p:plain

△見ればわかるが去年のオートポリス

 

ということでいつもなら何行にも渡るグリットウォークレビューが何一つとして書くことができない。このブログを楽しみにお待ちいただいている方には大変申し訳無い気持ちでいっぱいである。みんな合わせてさあ、

コロナのバカヤロー

ということで、ひたすら自動発券V2席から

f:id:custard_pudding23:20210919110548j:plain

シンリョウレーシングの2台を見守るだけである。

 

さて、スタート前におじさんだらけの自動発券V2席をたちスタート撮影ポイントを選定する。今日はここからである。

そうダンロップコーナー、鈴鹿で1番ハイポイントとなる場所である。ここからは撮影目的ではないが1コーナーからS字、逆バンクも見渡せて個人的には好きなポイントである。

f:id:custard_pudding23:20210919112712j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919115901j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919120629j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919120831j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919121051j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919121355j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919122022j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919113730j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919113931j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919114137j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919114426j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919114442j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919114735j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919114917j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919115154j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919115551j:plain

 

スタート進行前に予選終了時のPPインタビューが放映されていたがそこでは「まだ諦めていないぞ」と豪語する6号車の面々だったのだが、スタートしてすぐに7号車に前出られる。車両が新しくなる前はこういう構図見たことないんだが。今年は7号車がツイてる。チャンピオンは7号車へ。

 

真夏レースでは熱すぎてそう歩き回らないのだが、今回はそこまでへとへとになるくらいの暑さではなかったので探検してみた。ダンロップコーナー出口ってこんな近いところあったんだな

スマフォでもこれだけ車を大きく写せる。ただ難点はダンロップのスタンドを抜けてたどり着かないといけないということか。

まあスプーンより近いよ。

f:id:custard_pudding23:20210919123606j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919124218j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919124844j:plain

 

更に奥に進めた。ちょうどダンロップとデグナーの間である。マシンは全開で駆け抜ける。

それだというのにカメラを向ける。これがアマチュアカメラマンの使命、いやカルマだろう。これはもちろんあえてそういうふうに撮っているのだが、どうせやるなら車が真ん中来たときにやるべきだった。

f:id:custard_pudding23:20210919125908j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919130337j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919130425j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919130927j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919131235j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919131536j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919131644j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919125448j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919125631j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919125656j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919125837j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919125847j:plain

 

その後、ワクチン接種(2回目)を果たしまたしても西コースへ足をすすめる。

道中、定番流しスポットを通過する。バズーカと見間違えるようなでかいレンズを抱えたおじさんたちが横一線で西ストレートを向いている。このおじさんたちをアーティスティックに撮ることも一瞬頭によぎったがなんか怒られそうなのでやめてヘアピンへと向かった。

f:id:custard_pudding23:20210919162411j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919162643j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919162740j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919163458j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919163534j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919140601j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919140656j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919140705j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919142605j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919142658j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919143600j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919143723j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919143750j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919144025j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919144142j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919144216j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919144546j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919144644j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919145040j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919145626j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919145743j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919150041j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919151607j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919151705j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919152250j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919152347j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919160138j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919161150j:plain

f:id:custard_pudding23:20210919161724j:plain

 

レース終盤777号車に近藤翼、16号車に上村優太という

PCCJ的なレースとなっていた。かなり激しいデッドヒートだったが16号車がピットへ向かって結構あっさりバトルは終了した。

 

終盤激しいのはST-3あるある。

 

そうしている間に16:30となり5時間のレースのチェッカーを迎える。気がつけばSCもなければFCYもない非常にクリーンなレースだった。

さて、レースも終わったことだし帰るかと思ったら2コーナーは意外と遠い。これまたレース終了でわずかに居た人たちもすぐに立ち去り一人とぼとぼとS字、逆バンクと時計回りで帰る。しかし逆バンク通ったあたりでパルクフェルメウォークができることの案内が。疲れた身体にムチを入れながらグランドスタンドに入り、パルクフェルメウォーク、つまりコース上に入れる口を探す。人の流れはコース上はコースを逆走する形で流れているがフェンス挟んだ外側ではコースと順走で人が流れている。スタンドからどうやってはいるのか入り口を探すもどこからはいるのかわからない。一体どこから人が来ているのかと眺めてみるとグランドスタンドが終わった切れ目から人が流入していることが分かった。2コーナーから時計回りで帰ってきてヘトヘトになのに更にそこまで移動する気力は、もうない。とV1スタンドに腰掛け表彰式を見守る。何故か今回ST-Qクラスの表彰があるらしい。しかしモリゾウは諸事情で欠席と。はー疲れたなーとパルクフェルメウォークを楽しむ人々を見つめる。気がつくと全クラスの表彰が終わる。しかし、パルクフェルメウォークの人の流れは止まらない。あれ…意外と長くやってるやん…俺も行けばよかった…

後悔先に立たず。

 

次回最終回、シャーリー半田6時間耐久(3時間×2)レース回。ご期待ください。

 

custard-pudding.hatenablog.com

custard-pudding.hatenablog.com

custard-pudding.hatenablog.com

 

*1:GTのとき同じようなスタイルのおっさんが居たことを記憶していたので同一人物だと思っている

*2:値段

*3:かと言って単に焼いた肉を食べるだけなので両手上げて美味しいというわけではないが。