#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

どうしましょ

とっても困っている。いや実に久々の悩みである(いや悩みはいつも抱えているが)。

custard-pudding.hatenablog.com

24時間レース観戦したあと休みを取らず、魂の出社で迎えた新人ちゃんがぶっ倒れたのである。ぶっ倒れたという表現は大げさであるがまあそれに準ずるものと考えていただきたい。

私、会社の中でも特種な人間で何年もいわゆる後輩社員を抱えてこなかった抱えてもらえなかったので初めての後輩である。それ故、不慣れだったかもしれない。しかし配属されて以来とにかく気を使いながら”怒らず”に教育をしてきた。もちろん残業などさせていない。

ぶっ倒れたあとなんやかんやあって新人ちゃんが帰ったあと上司とどうすればよいか話す。そこで話題に上がったのは「もうちょっと雑談してあげたらどうよ」と。いやちょっと待て、雑談ってなんや、仕事しろやと頭によぎった思ったもの、たしかに会社では自分のことを何も話していないし、他人のことを聞くことがない。そりゃあだって興味がないんだから。

雑談がないものだからきっとずっと緊張しっぱなしで疲れちゃったじゃないのかという結論になったので数日後、口では「もうなんともないです」という新人ちゃんと会話を持つ。

意外と特に聞いてもいないのにアレヤコレヤをしゃべる。

ぶっ倒れて一週間立ったけども口では”なんともないです”という新人、1時間ごとに10分以上のトイレ休憩を取るようになっている。もちろんその件があった以降、休憩することについては時間や頻度について気にすることないよと私の方で伝えてはいるもの、これはやっぱりメンタルをやっていると見られる。うーん完全に”悪いループ”に入っている気がする。

コロナで大ぴらに全員で飲み会しよう!とも言えず、また新人ちゃんは女性なのでサシで飯に行くとか遊ぶとかも考えもので正直このまま回復するかおさらばするかを見守ることしかできない。そんなわけでメンタルケアとしてどこまで介入していいのか、いや介入しなくていいのかそれは冷たくないかと後で言われないかビビりながら俺の心もすり減り、お腹が痛い日々を過ごしている。