#プリンはおやつに入りません

私の個人見解をダラダラと書き残す

Twitter Flickr Instagram

【スポンサーリンク】

MVNOからpovoに乗り換えた

MVNO(OCNモバイルONE)からpovoに乗り換えた。

 これまで

 携帯電話料金を抑えるため、データ通信のみのSIMカードを契約しスマフォを運用、そして高校生から契約しているauは電話回線専用として運用し合算で月額3000円程度の携帯電話料金としていた。そうなる経緯を書き並べるとなんか長くなりそうだったので省略する。

au、いわゆるキャリア回線をずっと保有していたのは、MVNOへの移行を検討していたときに、すでにMVNOへ移行していた上司に対して”電話が繋がらない”と周辺が嘆いていたのを見ていたので電話もMVNOにするのはまずいなと考え、キャリア回線だけ最小の契約として残していた。今思うと電話回線もMVNOに移行してもよかった。

 

変えた理由

それで特に不自由はしてなかったのだが、この頃3キャリアが色々なサービスを省いたシンプル20GBプランを発表した。今と同じ値段で容量アップ、電話専用機とスマフォの2台持ちの解消、そしてキャリア回線ということからこれを期にMVNO卒業を決意した。

どこも料金と使える容量は横並び、各社若干サービスを変えていたのだがpovoを選択したのは”トッピング”というスポット的使用できるサービスが魅力的だと考えたからである。

とくに24時間データ無制限が220円が心惹かれた。このトッピングを使えば通信容量へのストレスなくサーキットで配信されている映像などを見れるのではないか。

 

契約

↑にある長年電話専用機として保有しているau回線からpovoに変更するのだがSIMカードの変更が必要である。最近その場合でも受付を開始したようなので早速契約した。

 

SIMカードの到着

 手続完了のメールは来ていたのだがいきなりSIMが到着した。できれば発送連絡くらいして欲しい。

そして何よりヤマト運輸できたこの箱、この箱にSIMカードが入っているという。過剰包装にも程がある。郵便でいいやんけ…

 納品書と無駄な緩衝材と一緒にSIMカード

 HPに書いてあるとおりに通信設定を行って即開通。

 

速度

 ↑これは平日のお昼、自宅周辺(ほぼ住宅地)で測定した結果。お、結構いいやんと思って今日職場で測定すると

 1MBも出ていない。測定場所はあちこちにデカい工場があるようなところだったのでやはりお昼時には混雑しちゃうのだろうか。若干がっかり。

  ↑はOCNモバイルONEの結果。対して変わらん。

 

他にもいくつか測定している

 自宅周辺で測定。この速度はMVNOで体感できない。

 最寄り駅での結果

 

今の心配はpovoに人が集まりすぎて通信速度の制限はじめたりしないかどうか…そのときは頼みますよ総務省さん。。。

f:id:custard_pudding23:20210411153404j:plain

▲びっくりするほど関係ないけどSUPERGTau TOM'S GR Supra 36号車