プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

D500がすごい

買ったという記事がバズってくれればもっとやる気満々でそこそこでレビュー記事とか出しちゃうところだったが、まったくもって無風だったのでやる気なしにレビュー記事を残しておく。
やっぱりDXフォーマット最強のカメラと名乗るだけの性能を持ったカメラだった。
 

AFがすごい

 とにかく速いの。

 イルカショーでいつ水面から出てくるかわからないイルカをバッチリ捉えることに成功した。

サーキットでもさっとファインダー内にマシンを入れるだけでピタッとピントが合った。

 

_DSC2858
ピントがイマイチのせいで失敗作となる写真の数がだいぶ減った。お家に帰ってPCで拡大してもガチピンの写真ばかりで私ニンマリ。
ただ、実際問題ファインダー内にきちんと被写体を収められるかどうかはカメラの問題ではないのである。

_DSC1774

 

連写がすごい

RAW撮影しても途切れることなく永遠に撮影できる。

 

 

ただ、

連写ができる→撮影枚数が増える→写真の保存容量も増える

というになり、今まで32GBのSDカードいっぱいにならんかったし、XQDカードも32GBでいいや~^^なんて思ってたぼくは不覚だった。

先日のGTでもだいぶケチりながら撮ってた。

 

高感度がすごい

高感度がなかなか良かった話。

_DSC1854

こちらISO8000

_DSC1871
こちらなんてISO14400!!
ISOオートのマキシマム値がどれくらいに設定したか忘れたがおそらく最も高感度で撮ってるけどまっっっっっったくノイズ感がない。すごい。
きれい美しいかわいい、そうじゃなくてカメラの話である。
等倍にしても全くノイズ感を感じさせずきれいに写すD500のノイズ処理すごすぎる。
 

電池消費がすごい

予備用に電池を買ったのだがまさかサーキット1日撮影するのに丸々2個消費するとは思ってなかった。。。
撮影枚数は2000枚ほど。
電池寿命
撮影可能コマ数
約1240コマ(カメラ本体でLi-ionリチャージャブルバッテリーEN-EL15使用時)CIPA規格準拠
ほぼ公称スペック通りといえばそうなのだが。
将来、電池がヘタってきたときはきっと2つでは足りず、もう一つ必要になるだろうなあ…
まあ、何個も持てば解決する話なのでまあまあ、、、
 
 
とりあえず今の感想をここに記録しておく。また何か思いついたら追記するかもしれないし、新しく記事を起こすかもしれない。
皆様ご参照あれ。