プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

鈴鹿サーキットでレーシングカーをどう撮るか その2

現状のノウハウをアウトプットするつもりで書いているがめんどくさくなって放置していた。

前回は1-2コーナーをまとめていたので今回はS字とも言いたいがすっ飛ばして逆バンク。

f:id:custard_pudding23:20180520171335j:plain

 

 逆バンクはなかなか人気撮影スポットでともかく人が多い。

_DSC0390

最近はS字・逆バンク側にもサーキットビジョンができたので双眼鏡さえ持っていればレース観戦にも苦労しない。双眼鏡さえあればね。(遠くて文字情報が見えないよ)

 

スタンド上部に立って撮影すると柵なしでクルマを狙える。

_DSC8916

車がコーナー真ん中まで来るとディテールに迫れるドアップな絵も撮れます。

_DSC8940

ある程度焦点距離があって、柵を消す魔法があるカメラ(焦点距離が高い&センサが大きい→ボケが大きい)をお持ちの皆様は、スタンド下部に降りてみてはいかがかと。

_DSC3467

_DSC3472

_DSC3519

_DSC1958

_DSC1241

バチバチにバトルしてると撮影者のこちらもテンション上がる。

望遠レンズの圧縮効果で後ろの車がぐっと迫る絵が撮れます。

目線が同じになるのでフォーミュラだと顔が見れる?

_DSC0952

場所を選べば伊勢湾もフレームインできます。

 

IMGP9485

IMGP9529

一方焦点距離があまりないと平凡なカットになりがち。流せばもっと違うのだろうか。

 

逆バンクに通うようになったのも今のD5600&300-70mmのセットになってからだからなあ。

面白い絵を撮ろうってものなら35mm換算で300mmくらいの焦点距離は必要だと思います。