読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

コペンの屋根を開けた時 〜コンビニ・黒人学生〜

コペンオープン 日記

ゆるいテーマで、コペンの屋根を開けた時の周囲の反応を書いていくシリーズをはじめました。

 

 電動フルオープンカーのコペンは、スイッチひとつで屋根がトランクに収まります。

www.youtube.com

それをしってかしらないかたまたまそういう光景に出会うことになってしまった人たちの反応を書き起こしたい。

という誰得なテーマとなります。

 

コンビニでトイレ休憩を済ませた私、車に戻るとコペンの後ろにトレッドへアーのイケてる黒人ニーチャンがビール片手にタバコを吸っている。。。

車に乗車して「晴れてるし、オープンにしようかな」なんて考えながら、コンビニ出るときに買ったコーヒーを飲み、にーちゃん去ってくれねえかなあーとミラーに映る彼を見、じっと待っていた。

 

一体いつまでこいついるんや。

もういいやとエンジンON、ルーフのロックを外してオープンにするスイッチに手をかける。

ウィーンといかにもな音を建ててトランクが開く。そう、後ろに立っていた彼からすると車の奥のほうが高くなる格好だ。

ミラーで後方の安全確認しながらもミラーで映る彼を観察する俺。トランクが開いている時は何事とこちらを見ていた彼。トランクが開ききったら今度はルーフの収納が始まる。( ゚д゚)ハッ!という顔をしたあと、開いたトランクにルーフが収納されるのをみて合点がいったのかほほーんという表情に。

ルーフが収まるとまたトランクが蓋をするため動き出す。ここですべての事情を察した彼はミラー越しに笑顔でサムアップを決めてきた。

こちらも愛想笑い程度でミラー越しに視線を決めて、すっと手を上げる。

 

あまりに恥ずかしいので次の瞬間には1速に入れハンドブレーキをリリース、すぐにコンビニを出ました。