読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

【レビュー】miwaバラードのベストベストベスト【CD】

日記 オススメ品

久しぶりに品評しよう。

デビュー5周年という節目となる1年を2016年3月8日と9日の日本武道館2DAYSで締めくくるmiwaが贈る初のバラード・コレクション。

最新ヒットシングル「あなたがここにいて抱きしめることができるなら」や自身初のコラボソングで泣ける曲として話題となった「夜空。feat.ハジ→」をはじめ、“出逢いと別れ”の季節を彩る、珠玉のバラードをコンパイルしてお届けします。

miwa official website | disco

 

 今回評するものはこちら、

miwa ballad collection ~graduation~

 個人的にはバラードよりミラクルや360°のような元気な曲のほうがすきなので、今回ばかりはスルーかなと思ってたらたまたまTSUTAYAで初回特典付きが売ってるの見かけてしまって、取ってしまって、買ってしまったのである。

シングルは買わない派だったので、これまでアルバム未収録の”あなたがここにいて抱きしめることができるなら”(略:あなだき)やコラボ曲の夜空とか聞けるしまあいいかとも思いつつ。

初回特典はこんな感じ

厚い歌詞カードはこれまでのジャケット撮影時に採用されなかった方の写真もある。

よくある「三方背」というのは、CDケースが収まってるケースのことである。まあ、店頭で手に取った人はわかるがこちらDVDとかゲームの箱なみの高さ。CDと一緒に並びません笑

映像特典がDVDじゃなくてブルーレイディスクなのはmiwaソニー・ミュージックだからだろうか。とにかくDVDと違って綺麗だ。普段からSD画質ばかり見ているのせいなのかな…

(↑ビジュアルオーディオファン的な感想である。↑)

内容は昨年の横浜アリーナでのライブ映像のダイジェストである。あくまでダイジェストだから曲が完全に終わる前にぶった切って次のシーン行くからね。気をつけてね。ライブDVDいやBD買おうね。

スペシャルグッズはストラップとこのCDと同じタイトルで組まれたライブツアーの日程が書かれたチケットのようなものである。もちろんこの特典でライブは行けない。多分。

さて、CDの曲目を眺めてみましょう。

  • 1. あなたがここにいて抱きしめることができるなら
  • 2. 夜空。feat.ハジ→
  • 3. 月食winter moon
  • 4. friend ~君が笑えば~
  • 5. つよくなりたい
  • 6. HiKARiE English×piano version
  • 7. オトシモノ
  • 8. めぐろ川 <strings version>
  • 9. 片想い
  • 10. ホイッスル ~君と過ごした日々~
  • 11. またね
  • 12. Delight feat. Orianthi 

 どうでしょうか。miwaファンとしてはベタベタのバラード曲が入ってるのではないかと。逆に言うと初心者の人にはおすすめか?

まずは「あなたがここにいて抱きしめることができたなら」である。確かドラマの主題歌か何かだったような気がする。とにかく長いタイトルは往年のビーイング、いや、三枝夕夏 in dbを彷彿させる。略して"あなだき"である。ここの”あなた”は恋人というより家族というイメージの曲である。優しい曲になっている。割と歌詞はどストレートである。まあ、これが彼女の特徴であるが。

夜空はしっとりとした曲である。ハジ→コラボ曲である。ハジー氏(矢印めんどくさい)のハモリは抜群である。しかしこちらはなんとも悲しい感じである。

HiKARiE English×piano versionはmiwaを有名にさせた「ヒカリヘ」の英語・ピアノバージョンである。ミドルテンポで、エレトニックな感じの原曲とは違い、しっとりっとゆったりな曲となっている。miwaの英語がうまいかどうかはわからない。

Delight feat. Orianthi、こちらは先日の「アナザースカイ」を見ていた人ならわかるが、オリアンティ・パナガリス氏とのコラボである。こちらも原曲Delightとちがってオリアンティ氏が引くアコースティック・ギターでしっとり英語で歌う。これももちろん英語の良し悪しはわからないのである。

さて、アルバム初収録のものばかり紹介した。

全体として、初期から最新曲までピックアップされている。そこで、一番強調したいのはmiwa自身の環境の変化が歌詞に現れているという点。

例えば「friend ~君が笑えば~」では、

制服のポッケ君の消しゴム

何度も歩いた廊下ありふれた毎日を忘れないよ

高校生である。

つよくなりたいでは新しい生活に挑む情景。

そしてあなだきで大切で長く愛し続ける人とであるのである。

 

とまあ、販促のように書いてみました。

 

おれも初回特典つきでほしいって人、

www.sonymusicshop.jp

こちらでは売れ切れてました。5万枚のみ限定生産、お急ぎください。