プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

日本よこれが世界のツーリングカーレースだ【WTCC鈴鹿ラウンド】

レース好きを公言しておきながら、今まで一度もレースを生で見たことがなかった。サーキットが近くにないじゃんなって思ってたけど、世界的な日本のサーキットである鈴鹿サーキットがまさか車で2時間足らずでいけるなんて思いもよらなかった(大阪・神戸行くより近い)。

いや、近いんだろうなと感づいていたが、なかなかこれっという機会がなかった。単に踏ん切りが付かないというか、車で行って簡単に帰れるのか?そもそも車で行けるのか?とか色々不安だったせいもあるか。

そんな中FIA主催の国際レース、WTCCが鈴鹿サーキットで開催される。と。

「WTCCならマニアックなカテゴリだし、人も少なそうでいいかも」

なーんておもったから、車で行っても駐車場に止められそうだし、ひとも少なそうだしいい機会じゃないかと、家を出た。

WTCC?知らない子ですね・・・ 

そもそも、WTCCってなんやねん?って話ですが、FIAが管轄する「世界選手権(ワールドチャンピオンシップ)」と称されるレースは以下のみである。

( fromウィキペディア

F1は説明不要、フォーミュラカーのトップカテゴリ、WRCはラリーのトップカテゴリ、WECは耐久レースのトップカテゴリ、World RX...?し、知らない子ですね。。。(今年から世界選手権に格上げの模様・・・)

そうつまり、WTCCはツーリングカーレースのトップカテゴリということになる。

じゃあツーリングカーってなんやねん?他のレースカーとは違うんかいなということだが、一般的にツーリングカーと言われるのは、

ツーリングカー(一般に市販されている車両)によるレースをツーリングカーレースと呼び、そのレースに使用される車を指す。 

 (fromウィキペディア2回め)

つまり、市販されている車をベースにレギュレーション(規則)に則った改造を施し、レースに出るのがツーリングカーの定義。

そんなに速くは無いのだが、町中で見られるアノ車がサーキットを爆走するのである。感動。

そして、日本で行われる世界選手権がついたレースはF1、WEC、そしてWTCCとなる。どれだけこのカテゴリがすごいものかお分かりだろうか?

 

そんなWTCCですが、私もそんなに詳しくはしらない。だって日本人が出ているわけでも日本車が超絶活躍しているわけでもないしね。

いや、前言撤回。実は前年度は去年よりWTCCに参戦したホンダ・シビックがマニュファクチャータイトルを獲得している。でもね、このシビックハッチバックタイプなんだけど、日本未発売なんだよねえ。

サポートレース、スーパー耐久

サーキットにやってきた瞬間、ペースカーの先導が終了し最終コーナーから続々と加速していく車の数々、そうサポートレースのスーパー耐久だ。

スーパー耐久、読んで字のごとく、耐久レースなのだが(とはいいの2時間ちょっとしかレースしないのね)、日本最大の草レース。つまりアマチュアドライバーとプロドライバーが混ざりレースをするカテゴリだ。

どうしか日本のレースはスーパーGTとかスーパーフォーミュラとか何でもかんでもスーパーを付けたがるね。

ちなみにこのレースを制したのは86号車の86。井口卓人も乗車。

 クラス優勝を果たした日本の顎こと荒聖治乗車のシビック

写真を撮るのに夢中であんまりレースは見てなかった。。

やっとWTCC予選

やっぱりヨーロッパの視聴時間に合わせているのか知らないが、15時半からWTCCの予選が始まった。(先日のF1から何も学んでない)

予選はQ3まで争われる。まずは全車対象の20分間のQ1、13番手以降のドライバーはグリッドが確定する。20分と一見長そうに見えるが、WTCCクラスの車ではタイムアタックでも2分弱かかるのでそんなに余裕はない。だからなのか、シグナル点灯とともに全車一斉にコースイン。と思ってたら、かつてフォーミュラニッポンにてチャンピオンを獲得しおそらく鈴鹿での経験が最も豊富なトム・コロネル氏はステイ。しばらくしたらコロネルもコースインしたのだが、

BMWがデグナーでスピンアウト。グラベルから脱出不可で赤旗中断。あーあ。

再開後は全車一斉にコースインでなんやかんやでQ1終了。

Q2ではQ3で進むトップ5を選定するための時間。グランドスタンドから逆バンクへ移動した。逆バンクではそれほど大迫力かと言われるとそうではないが、こんな感じだった。

 カメラマンおおい。

ちなみにQ2でホンダ全滅。ホームコースとは何だったのか?

スーパーアタックのQ3

Q3では残った5台が順番に1台づつ走る。かつてスーパーGTに用いられた形式。

ただ、時間が時間だけに最終走者は路面温度が冷えてるのではと思ったのだが。

逆バンクからダンロップコーナーへ移動して丁寧に写真を撮る。

 まずはこの人。ヒューゴ・バレンテ。うわ、弟と同い年か・・・。フォーミュラレースからスイッチとのこと。

 次は、トム・チルトン。そう、あのF1のマックス・チルトンの兄だ。兄弟でレーシングドライバーなのか。

あのー、トム・チルトンと画像検索するとこれが一番最初に出るのですが、、、、

 3番めは、言わずもがなセバスチャン・ローブ。世界3大セバスチャンの一人。ラリーストなのに今年から参戦でもう2勝をあげているとのこと。

 次はホセ・マリア・ロペス。この人もかつてはフォーミュラで、いつかはF1とかだったのだろうが、今年からWTCCに本格参戦。え、9勝?!

ちなみにこのレースでチャンピオンが決まるかどうかというドライバーとのこと。

 そして大正義CarNo1のドライバー、イヴァン・ミュラー。イヴァン・ミュラーといえばWTCC、WTCCといえばイヴァン・ミュラーというくらいのドライバー。

ちなみに日本では未勝利とのこと。ああいるねそういうドライバー。

決戦は明日

結果は、オートスポーツとかのHPを参照していただくとして、明日の決勝に期待したいことはやっぱり、「喧嘩レース」としょうしているぐらいなんだからガチガチのレースをみたい。デグナー、ヘアピン、スプーン、130R、そして日立オートモティブシステムズシケインとか鈴鹿サーキットの魅力がたっぷりの東コースを走るは今年が始めてなので、そこでどんなバトルが繰り広げられるか。ああ楽しみ。

 

追記:上記に上げたドライバー、トム・コロネル氏は何故かツイッター上でフォロー・フォロワーの関係なので、撮った写真を@付けて送ってみた。

すると、

f:id:custard_pudding23:20141026003554p:plain

ありがとう。トム・コロネルさん。。。明日は応援します!!