プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

それはわたしのおいなりさんだ

今回は、去年の今頃公開されていた映画、「HK 変態仮面」をDVDでやっと見ることが合ったのでぜひ紹介したい。

 

20年ほど前のあのドラゴンボールとともにジャンプで連載されていたという「究極!!変態仮面」を今回映画化したもの。

原作はしらないが、パンツ一枚でパンティーを顔をかぶった姿は変態を感じる。

主役の鈴木亮平はこのためにこの変態な肉体を作り上げたとか。(アクションシーンも上の”変態仮面”も彼が演じてるとのこと)

まずは、公開終了後もなぜか公開され続けている映画のPVを見てほしい。

カッコイイでしょ。でしょでしょ。

そうなんです。「変態こそ正義」なんです。

 

 あらすじ

主人公の変態仮面こと、色丞 狂介は刑事の父(M)とSM嬢の母(S)を親に持つ高校生。ある日立てこもり犯を捕まえようとパンティーをかぶった時に自らのちからにめざめ、変態仮面として活躍する。

というのがあらすじ。まあ、行っちゃえば最近の◯パイダーマンとかアイアンマ◯とかのアメコミヒーローが活躍する映画と同じであるのだが。

 

見どころ

変態仮面のすべての所作に変態を感じるというか、美しい。肉体美もあるが本当にヒーローから少しずれているはずなんだけど王道である。

アクションもカッコイイ。スタイリッシュ。でもたまにあるエフェクトがちょびっとださい。しかしそれが映画の雰囲気にマッチしているというか、ギャグになっている。

また、こういう”自分のみに与えられた特別な力”に苦悩するというありがちなストーリも入っている。それは、変態仮面に変身するために下着ドロになるかどうかだったり、変態仮面はやっぱり変態だったみたいなことだったり・・・。

 

なんたって、ヒロインの姫野愛子をまもるために翻弄する姿はヒーローオブヒーロー。

 

ということなので見てね。

どうですか?少しは見てみたいとおもいましたか?さあ、レンタルビデオ店のかごに入れるのです。そしてレジのにーちゃんもしくはねーちゃんにだしてだな・・・。

 

いまはオンデマンドが充実してるので、家でこっそり見るのもいいかもしれないですね。なんたって変態なんだし。