読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

ブラウンのバトン

「ブラウンのバトン」と聞いていまや「茶色のバトン(リレーとかで使うやつ)」と連想する人はよほど世間知らず?っというわけでないが、F1好きならば「ブラウンGPのジェイソン・バトン」が正解ということぐらいはわかる。

今シーズンもうこいつに決まったと自分の中で考えるくらい、安定性、速さ、戦略、車、チーム…すべてが完璧だ。

ここでシーズンのバトンのハイライトを、

 

<1.オーストラリアGP>

チーム初参戦にて、ポールトゥウィン。しかもチームで1-2フィニッシュ。

誰も寄せつかない速さで優勝。

<2.マレーシアGP>

スタートで出遅れるが驚異的なラップを築いてピットイン後トップへ、そのあと東南アジア特有のスコールにてレース終了。

<3.中国GP>

レットブルのレースながらもちゃっかり3位獲得。

<4.バーレーンGP>

このころから予選での速さはだんだん相対的に落ちていくが、トヨタを逆転し、優勝。

<5.スペインGP>

ここでブラウンGPの優位性はなくなるっという大方の予想を覆し、スタートでバリチェロに遅れたが、(チームオーダーで)ピットストップで逆転。

<6.モナコGP

予選で空タンのQ2より速いタイムでポール。そのまま難なく優勝。

最後、車を止める場所を間違えるミスはしたが…。

<7.トルコGP

ポールを逃し2番手、目下最大のライバル、ベッテルのあとで汚いほうのグリットにてスタートするが、1週目のベッテルのミスでオーバーテイク

その後3ピット作戦のベッテルにプレッシャーをかけられるが、最終ラップにて蛇行運転を見せるなど余裕を見せる。4連勝中。

 

そんなバトンはここまで7戦中6勝という驚異的な勝率であり、このままレースペースが落ちない限り、年間10勝いや、よほどのことがない限り15勝、16勝してくれるんでは?っと思うのはバカか?

 

他にも、今のところ負ける要素がない、(レットブルは作戦がダメ、フェラーリもいま一つ速さがない、トヨタは開発で迷走中、ウィリアムズは金欠、ルノー、マクラーレンはドライバーがいいがその他ダメ。BMWはどうしたいのかわからない)開発の方向もしっかりして、ブラウンの作戦も効いているし、テストが禁止されている中でこれ以上、敵が速くなるものかな。

 

何より、勝利の女神『道端ジェシカ』と付き合っているうちは勝てる!…