読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

衝撃の発表 SAF1、F1から撤退。

衝撃だった。マグマグループに代わる新しいパートナーが見つかったという情報があって今シーズンだけは乗り切れるなぁっと思っていた矢先の発表。本当に一ファンとして残念に思うし、開幕からドライバー含め様々なスタッフが頑張っているのに本当に惜しい。

昨シーズンからチャンスをものにしてきて奇跡ともいわれるポイントを獲得していて世界中から注目を浴びていたチームだったのにただお金がないということで撤退というのはいかにF1がお金がかかる(1レース出るのにもプロ野球選手の年俸ほどかかると言われる)スポーツということを思い知らされる。

 

しかし、別の点でも残念に思う。それは世間の関心のなさだ。SAF1(S:スーパー A:アグリ F1チーム)は本当の純日本チーム(エンジン、シャーシ=ホンダ製 タイヤ=ブリヂストン さらにドライバーの一人が佐藤琢磨でありながらも、ネットでしかニュースを知ることしかできなかったということだ。関心が低すぎる。

まだまだ、F1、モータースポーツはマイナーなスポーツということになっているんだなぁ日本って。