読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

夏休み終盤。

 今学校が熱い。なぜかというとこの学校は9月始まって最初の日から、3日間学園祭が行われるので、その準備に先週の金曜から(実は部活の試合で休んでテニス部だけ月曜から、毎日学校に行かされて1日準備する。

 そのため、みんなは制服でなく、Tシャツやジャージ姿になり、教室は模擬店を出店したりするので机を出して改造され、廊下は作業をしない人や、教室から追い出された机が置かれたりするので、人一人がやっと通れるぐらいの狭さになる。

 そして自分は体育祭で使う応援席の後に立てかけておく2×3メートル級の大きい絵を描く係の長になった。普通は女子が中心にやりそうだが、このクラスは理系クラスということで男子ばっかりと言うことなので男が中心になって「他のやつをうならしてやる!」というコンセプトの元で作業を進めた。そして出来た絵は立派なものになったと自分は思っていたが、どうやら周りの反応は微妙だった。

 

正直家で休みたい。