プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

焼肉バトル

今日は冬のボーナスが入ったらしく(金額は不明)どっかに食いにいこうっと言う話になった。

で、二階で弟と「起動戦士ガンダム ガンダムVSZガンダム」で双方キュウベレイMk -Ⅱで対戦中のときに「行くでー」と言う親の声がした。まだ目的地も決まってないのに車は家を出た。

何とかカルビをカルピと表記している。Jリーグ初優勝を遂げた某チームのスポンサー某焼肉店に行くことになった。(結構詳しい↑)

親が次々と肉を注文していった。やっぱ焼肉となると戦争になる。さっき裏返した肉をもう焼けたかなっと思った瞬間、弟達や父が取る。見たいな感じになっている。休日と言うだけ会ってやっぱ人は多い。ソフトドリンクバーの近くにいていたので人の流れは多かった。

一つの皿に3つたれをつける場所があるが、一つだけ場所が余った。すっと弟を見るとさまざまな調味料を入れて混ぜていた。他にも、片方の弟はソフトドリンクバーのコーラをいれその後に、アイスクリームを上にのっけていた。『アホかこいつ』っと思っていたが、またそこを見ると、20代くらいの男の人が、ソーダの上にアイスクリームを乗っけていた。確かにそんなものはあるけども…っと思った。