プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

またまたまた美術の時間にて。

なんだかシリーズ化してきたこの美術の時間。っで今日は自画像製作時間があとこの時間合わせて2時間と迫っていてもう完成させねばっと思い焦っているのにま、またあの美術の先生の「語り」が入った(十分間も)その「語り」が長い長い、確かにためになることを言っているはずなのになんだか聞く気を失う。

っと十分間我慢しさて、作業っと言う時に隣に騒がしい女子が現れた(元から居るけど)ここではやりにくいなぁっと思っていたら友達から救いの手が下りた。その友達の前の人は別のとこに居ているので、その席が空いていたのである。さぁ座ってみたら、その横にはさっきのよりも多く、うるさい女子達が居た交換留学生も居たのでなおさらうるさい)

もう、そんなことは無視することし、集中して元テニス部の焼けた顔の色を製作していた。出来ない。青になる!緑になる!赤になる!全然出来なかった。