プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

やめてくれ!

今日は友と僕を含めた3人で近く(って言っても車で1時間)の映画館に行った。その映画は「ナルト」だった。友達はかなりはまっている様だが僕はテレビ・漫画を全然見たことが(読む)無く困った(さほど困っていないが)。

映画館といっても、そこは大きいショッピングモールなので今日はココだけで行動した。昼ごろだったので僕は「カレーセット」を頼んだ。

そのあと映画を見たのだが、まぁそこそこ面白かった。でも『ナルト』知ってる人はこれを期待して欲しくない。っと思う。

 

しかし移動の時間僕たちは近くの駅まで自転車で行ったのだが、その電車に乗って席が空いていたので座ったのだが、なにやら異様な臭いがした。その臭いっと言うのが汗臭いとか何かの体臭が混じったというかものすごい臭いがした。「電車の臭いかな?、自分の臭いかな?、それとも友達の臭いかな?」っと色々思っていたらその瞬間!目の前に無人島で1ヶ月ぐらい生活したみたいな感じの人が座っていた!確かに隣に人は居なかったし、何かゴミみたいなのも持っていた。その持っていた物は、

【変な人が持っていたもの】・・・・ビニール袋3~4枚その中に⇒ペットボトル中に濁った液体、何かゴミ

しかもその人自分の発している強烈な臭いにきずいても無く、顔が下向きになって何かしていた。僕はこんな臭いを我慢できる精神力は無いので

:「ちょと向こう行ってるわ。」

友①:「あっ!待って」

そして臭いが無いとこに行って

「あの人『臭う』な」

っと言っていた。