読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プリンはおやつに入りません

忘却の彼方へいかないようにする備忘録的な何か

Twitter Flickr Instagram

久々更新 第八作!!!

友の行動

題   泡で出てくるハンドソープ!

今回はいつも出演している(出演!?)あの勘違い男でなく同じテニス部の友達Hの話をしよう (友達HのHはその人が「骨」「骸骨」っと言われているので『骨』のH)

 泡で出てくるハンドソープっと言えばあのビオレのハンドソープ。僕らの学校は今学期からこのハンドソープが水周りに置かれている。

ある日、隣のクラスの先生が「これなくなってるで。保体委員の人取り替えて」っと言ってきた。〔保体委員→保健委員と体育委員が合体して出来た委員会。仕事は保健につかさどる仕事と体育につかさどることをする〕

僕はそのハンドソープが2週間もたっていないうちになくなったから友達Hにこう言った

「すぐ無くなるなあれ。」

っで友達Hが

「みんな、ビオレデビューしてるんやろ。」

僕はこれにウケ、すぐに熱い握手を交わした。握手を交わす分からない人に説明しておくが僕は面白いことを言った人に「おもしろい」っと握手するクセ(?)がある。

ちなみにこれ話した人全員にうけている。

ー終わりー